2021.07.05

和顔愛語

「和顔愛語」

「まあるいこころで」

「まあるい笑顔で」

「まあるい言葉で」

もうずいぶん前に

この文がサラリと書いてある

一枚と、一匹の子犬が

ジ~~~ッとうつむいて

桜の花🌸を見つめてる写真に

「ずっ~と一緒にいれるといいな。」

と書かれてるポストカードを

見つけたので、何気なく購入して

普段よく目に付くところに、

この2枚をピンで留めていた。📌

それから数年が経ち、

「ずーっと」 は、あたりまえではない

という真実をあらためて

思い知らされた。。

こんな心境で

「和顔愛語」 なんてムリと思った。

こういうコトバ達が心に響くのは

平穏無事で、

緊急事態などでは

ないときじゃないか!!

それ以来、ポストカードは

しばらくの間引き出しの中に

そっと滑り込ませてあった。

。。。。。。。。。。。

別れに限らず、人生は時に

想定外のいろんな事態がやってくる。

それでも生きて、前に

進んでいかなくてはならない。

平和な時は、誰でも心静かだし

微笑むことも出来るし

トゲトゲしくて

人を傷つけるような態度や言葉を

吐きたくなることもないだろう。 

なぜなら

「自分が発した言葉や態度は、

時差はあっても後々、

全部自分に返ってくる」

って理解できる余裕があるから。

波風のない穏やかな時に

いい人でいるのはカンタンなこと。

そうじゃない時こそ、

人は本質が出るだろうし

だからこそ、試されるのかもしれない。

あたりまえは、あたりまえじゃない。

「ずっーと」 は、ない。

「和顔愛語」

やっぱりどんなときも、

頭の片隅に置いておこう。

Love Chitta'Photo478
 
 
PVアクセスランキング にほんブログ村