2021.05.18

ささいなおしゃべりシリーズ5(美容情報1)

こんばんは。

今日は朝からほぼ1日中、

灰色の空でしたが、

どんな1日でしたか?

外(側)がどんな空模様であれ、

心の中(側)までそれに反応して

どんより曇り空になる必要はないですよね?

それにしても、こんなに早く

対策が必要になるとは!

梅雨に入る前の、さわやかな

5月の青空とそよ風を

もっと、たくさん感じたかったのに

なんだか天気まで次から次へと

想定外がビシバシやって来て、

まるで

「時に、もう今までの常識や流れが

変わることもあり得るんだよ〜

こっから先は、柔軟性とか順応性とか

適応力とか、ちゃんと磨いて

しっかり生き抜いてゆけ!」

と天に言われているかのよう???

ん。

・・・・・・・・・・・

さて、今日の

「ささいなおしゃべりシリーズ5」は

「美容情報その1」です。

20代後半から30代にかけて

肌荒れに困らされている時期が

あり、試行錯誤の連続。

そこで、今日は私が普段使っている

スキンケア商品の一部をご紹介しますね。

最近は、男性も身だしなみのひとつとして

スキンケアとかメイクとかする人も

増えてるんですってね!ビックリ😳

私の個人的な意見としては

誠実そうな人に

たまにヒゲが生えているとか、

ちょっとワイルドな部分を見せられた方が

魅せられてクラッとするんだけども。。😍

(ただのめまい?立ちくらみ?😁

「かと言ってサンタクロースの

おじいさんとか、余興の付けヒゲ

みたいなのとかではないよ!🤣🤣🤣

おっと話が脱線! もとい、

スキンケア。

あれから四半世紀・・

ホントにアレコレ試して

最終的に、初めの頃に

使っていたものに戻りました。



ここで☝

あちこち寄り道した私からひとつ

心に留めておいていただきたいなあ

と思うことがあります。

それは・・

私はずっと自分の肌を

「敏感肌扱い」してきました。

本当に「敏感肌」ではあるのですが、

なるべく負担をかけないもの・・

添加物の入ってないもの・・

追い求めればそれはキリがなくて

場合によっては、

もともとの肌質を

「自称・敏感肌」にしてしまいかねない。

それは「食生活」に対しても

同じようなことが言えて、

当過去ブログにも

よく書いていることだけれど

「扱い方」を過剰にし過ぎて誤ると

良かれと思ってせっせと

やってる(続けてる)事が

かえって、状態を弱くしてしまったり

悪化させてしまったりすることも

あるのではないかと思うのです。

「取り扱い注意!」なんですよね。。

適度。適量。適切に。

かと言って、

今でも私の化粧品を選ぶ基準は

「肌と心が優しく感じるもの

ホッとなるもの」

なので、そうなると、結構な割合で

「無添加」 「敏感肌用」 

となっているのですが・・

そこは、もうあまり厳密になりすぎず

臨機応変にしています。

でも肌質って本っ当~~に千差万別。

その人にはピッタリ合うものでも

自分にはまるで合わないものも

多数存在する。

「肌と心が優しくホッとなる💖」感覚を

見つけ出すには、やはり自分で実験して

調整していって

「ちょうどいい加減」 を

掴むことだと思います。

これは肌質以外の、何にでも

当てはまる公式かもしれないですね。。

あなたにしっくりくる

「モノ・コト・ヒト」と

ベストなタイミングで

めぐり会いますように💞💞💞

・・・・・・・・・・・・・・・

それでは

雨ニモマケズ、

風ニモマケズ、

これからの梅雨時期を

乗り切りましょう。

おやすみなさい💤

 
 
PVアクセスランキング にほんブログ村